バリ島旅行とインドネシア料理Top >  インドネシア料理 >  インドネシアの食文化

インドネシアの食文化

インドネシアは、1万3000もの島からなる国です。

人が住んでいる島だけでも、400あると言われています。

食事にも、島それぞれの味があり、もちろん家庭それぞれに独特の味付け、

おふくろの味というものがあります。

インドネシアで、代表的な料理といえば? サテ、ソト、ミ? 

サテは焼き鳥、ソトはスープ、ミはそばのことを指します。

でもやっぱり・・・なんといってもナシ・ゴレンでしょうか。

また、出てきましたね。ナシ・ゴレン


インドネシア料理には、食欲が落ちないよう、スパイスを利かせた料理が多いです。

今でこそ冷蔵庫もありますが、食材の保存をきかせるために、

揚げ物・炒め物・焼き物が多いのも特徴のひとつです。

インドネシアでは、食材を生で食べることはまずないと考えていいと思います。

バリもですが、赤道直下に位置する島が多いインドネシアならではの、

暑い国の特徴というものが、料理にもあらわれています。


食事のマナーは、いっしょに食事をする人に不快感を与えないためにも、

基本的なものは、最低限心得たうえで現地入りしたいものですね。

"郷に入れば郷に従え"というように、バリのような海外に行ったのなら、

その国のマナーに従うのが、礼儀でもあります。

バリでは、食べ物を左手で持ったり、握手を求めたりしてはいけません。

なぜ、食べ物を左手で、持つことをしてはいけないのかですが、

イスラム教やヒンズー教の影響から、左手は"不浄のもの"とされているからです。

ですから、小さな子どもの頭を左手で"よい子だね"と撫ぜることも、

絶対にしてはいけない行為です。


バリだけではなく、インドネシアの食事は、ご飯"nasi"のお皿に

おかずを載せて食べるというスタイルが基本となります。

インドネシアでは、スプーンとフォーク、ときには手を使い、

肩肘を張らずに、食事を楽しむのがマナーといえばマナーです。

バリでの食事では、みんなで集まりにぎやかに、仲良く時間をともにすることが大切ですね。


バリ島観光とインドネシア料理:バリ島豆知識トップへ

インドネシア料理

インドネシア料理のお話やインドネシア料理レシピを紹介しています。

関連エントリー

インドネシアの厚揚げタフとテンペ

インドネシアの食文化

インドネシア料理の言葉

バリ島の調味料

インドネシア料理ナシ・ゴレンの作り方

バリ島のタフを使ったレシピ

空席・空室情報はコチラ