バリ島旅行とインドネシア料理Top >  バリでのマナー >  バリ島での食事マナー

バリ島での食事マナー

イスラム教やヒンズー教の教えが深く根付いている。

それが、バリ島の日常生活です。

そういった宗教の教えが日常生活に深く根付いているということは、

 当然のように、食事をするときのマナーとういものにも、大きく影響しています。

 

バリ島観光などでバリ島に訪れたときに、注意しなければいけないことがあります。

バリ島で注意しなければいけないことのひとつが、左手の扱いかたです。

”不浄の手”と呼ばれているのが左手です。

 

日本人にとって、子供の頭を「かわいいね~」や「賢い子だね」と

撫ぜるのはごくごく普通のことであり、習慣に近いものがあるかもしれません。

 

そこで、バリ島で子供を目の前にしたときに、絶対にしてはいけないこと、

それは、小さな子供さんの頭を左で撫ぜることです。

 

バリ島では、左手で子供の頭を撫ぜることは、やってはいけないご法度なのです。

左手で、食べ物を掴んだり持つことも避けなければいけない行為です。

 

日本では、何も問題がないことでも、

国それぞれの宗教的なことや生活習慣の違いから、してはいけない行為が

多く存在するということを知っておいてください。

 

そして、観光などで他の国へ訪問するときは、事前にこういった習慣などを

しっかり調べておき、トラブルなく楽しく旅行が出来るよう、

楽しい旅の想い出がつくれるようにしてください。

 

バリ島では、左手の使い方には充分に注意が必要。

バリ島で、食事をとるときに注意しなければいけない具体的なことは?

バリで出てくる料理、インドネシア料理の食べ方の基本的なことをお話します。

 

インドネシア料理の食べ方として、フランス料理を食べるときのように肩肘をはるような、

ナイフやフォークをきちんと使うといった必要はありませんね。

 

スプーンやフォークも使いますが、そのときどきでは、

気軽に手をつかい楽しく食事をするのが基本です。

 

ここで気をつけなければいけないことは、必ず”右手”を使うということです。

 

もう忘れていたんじゃないですか?

 

右手だけで、フォークとスプーンをどうやって使うのという疑問が湧きませんか。

右手だけで、その都度持ち替えて食べるのか・・・など色々と考えてしまいますよね。

バリ島で、フォークとスプーンを使うときは、このようにします。

 

まず、右手にスプーンを持ちナイフ代わりに使います。

フォークは、左手で持ちます。←ちょっと矛盾してるって思いました?

料理を切るときは、右手のスプーンで切ります。

切った料理を口に運ぶ時は、左手のフォークの背にのせて口に運びます。

 

くどいようですがもう一度言いますね。

手づかみで料理を食べるときは、必ず右手です。忘れないでください。

 

今の日本の生活の中では、食事を手づかみで食べるというのは、

ファーストフードを食べるときくらいになってきているのかな・・・?

 

右手でインドネシアの料理を食べてて感じることは、

不思議とね、いつも箸で食べているときよりも”おいしい”ってことです。

何がそうさせているのかなって、少し考えてみたのですが、

料理を味わうのって、舌だけじゃないんですよね。

 

舌触りや歯ごたえは当たり前ですが、視覚・臭覚・味覚、そして手の感触。

この手の感触っていうのが、結構感動的でしたね。

 

食材の感触を感じながら味わうというのは、結構良いものです。

バリ島観光に行ったときには、ぜひこの感覚を味わってみてください。

 

どんな土地に行っても同じことが言えると思いますが、

一緒になった人たちと、バカ話ししながら楽しさを満喫するということが、

一番のご馳走なのかもしれませんし、それが一番のマナーなのかもしれませんね。

 

バリ島観光とインドネシア料理:バリ島豆知識トップへ

バリでのマナー

バリで必要な知っておきたいマナーについて紹介しています。

関連エントリー

バリ島での食事マナー

空席・空室情報はコチラ