バリ島旅行とインドネシア料理Top >  バリに伝わる神話・逸話 >  ラーマーヤナ:ラーマ王行状記

ラーマーヤナ:ラーマ王行状記

ラーマーヤナをご存知ですか?

ラーマーヤナは、古代インドの大長編叙事詩で、

ラーマーヤナの意味は、”ラーマ王行状記”です。

ヒンズー教の神話と古代の英雄だったコーサラ国の

ラーマ王子にまつわる伝説をまとめたものです。


この伝説の中で活躍する人物は、クシャトリア。

クシャトリアという言葉を初めて耳にしたとき、

私は人名とばかり思っていたのですが、違いました。


古代インドのバラモン教社会で、四姓制度の第二位に位置した

王族・武家階級のことをさす言葉でした。

折角ですから、他の階級も紹介しておきますね。


古代インド、バラモン教社会での階級順位

第一位:”バラモン”聖職者・僧侶階級

第二位:”クシャトリア”王族・武家階級

第三位:”ヴァイシャ”庶民

第四位:”シュードラ”奴隷


ラーマーヤナは、詩人であったヴァールミーキの作とされていますが、

紀元前3世紀頃に民の中で伝承されていたものを、詩人であるヴァールミーキが

集めまとめたものといわれています。

ラーマーヤナは、インドや東南アジア周辺で広く浸透し、

建築・彫刻・絵画・演劇・音楽などの題材にされています。


”ケチャ”はご存知でしょうか?

ケチャはバリ舞踊で、もともとは悪霊を追い払うための呪術的性格の強い合唱を意味していました。
ケチャといえばサルたちの踊りという印象が強いですが、もともとは違ったものでした。

インドの叙事詩であるラーマーヤナから題材をとり、猿たちが王子を助けるという

物語と舞踊とが結びつけれて現在伝わっているケチャの形となりました。


バリ島やジャワ島の伝統的な影絵芝居ワヤン・クリットでも主題として

ラーマーヤナは取りあげられています。

ジブリ作品である宮崎駿監督の”天空の城ラピュタ”の”空中に浮かぶ島”などのモチーフは、

宮崎駿監督がインドとの合作で企画段階で参加していた、ラーマーヤナの

イメージを反映しているといわれています。

 

バリ島観光とインドネシア料理:バリ島豆知識トップへ

バリに伝わる神話・逸話

バリ島やインド諸島に伝わる神話や逸話を紹介しています。

関連エントリー

マハーバーラタと東南アジア

ラーマーヤナ:ラーマ王行状記

空席・空室情報はコチラ